カテゴリー
ソフト

一太郎2012承でEPUB形式にして出力してみた。

一太郎2012承は簡単に文書を電子書籍(EPUB)の形式に出力できると聞いていたのだが・・・。簡単じゃなかった(笑)
まだ、検証している段階なのですが、どうもEPUBのバージョンの違いで表示が異なるようです。とにかくアップルアプリのiBookで閲覧できる文書を作成したかったのですが一太郎で出力した文書をiBookで開いてみると文書によって表示される、されない場合がある。iBookで閲覧できる文書を作成する時は煩雑な作業が必要みたいです。手間をかければiBookに対応できる文書の作成ができるのならいいのですが。

そもそも、こんな検証をしないといけない時点でとても簡単とは言えないような気がしますが(笑)

父・敏夫の小説を発表せよ~特命課 桐谷美玲~

[051605]EPUB形式の電子書籍を作成するテクニック

カテゴリー
つぶやき ソフト

ソプラウィンドウのTwitterへログイン方法がわからない

アカウントを新規作成しないとログインできないのか?明日、調べる事にしよう。

<追記>
IEを既定のプログラムをに設定することで解決しました。

カテゴリー
つぶやき ソフト

一太郎2012承プレミアムを購入しました!

ATOKが非常に便利がいい!日本語変換には、これまでMicrosoft OfficeのIMEしか使った事がなかったので興味津々です。
一太郎もいい感じです。ワープロソフトと言えばWordしかないような固定観念が一太郎と出会う機会を失っていたのかもしれません。そもそも、一太郎を購入しようと思ったのは、「一太郎2012 承 プレミアム 特別優待版」に付属しているテキスト読み上げソフト(音声合成)の詠太(えいた)に興味を持ったからです。詠太は単体では発売されていないので、しぶしぶ一太郎を購入したわけですが、一太郎もATOKも予想以上に便利がよく、iPadに続き満足できる商品でした。一太郎、ATOK、詠太について気づいたことを、このブログに投稿していこうかと思います。詠太(えいた)の読み上げ精度はなかなかのものです。 抑揚があり自然な感じで読み上げてくれます。ブラウザはIEしか対応していないようです。

<追記>

2012/12/12

詠太音声ファイル(mp3)
上記の記事をMISAKI(女性)を使用して読み上げ、その音声をmp3にしてみました。
読み上げ用に若干、文書を変更しています。もう少し句読点を工夫すれば、ましになるような気がします。
話者は他にSAYAKA(女性)、SHOW(男性)を入れて3種類になります。MISAKIが一番、なめらかな感じで読み上げてくれます。もう少し種類を増やして欲しかった。